大洗町と茨城アストロプラネッツがフレンドリータウン協定を締結

大洗町と茨城アストロプラネッツを運営する株式会社茨城県民球団は、それぞれの資源を有効活用し、相互に連携・協力することにより、スポーツを通じた地域振興をはじめ、青少年の健全な育成、町民の健康増進・豊かな社会生活の実現を目指すことを目的とするフレンドリータウン協定を下記の通り締結いたしましたのでお知らせいたします。

 

■協定締結式

日 時 : 2020年2月21日(金)9:00

場 所 : 大洗町役場 庁舎2階 第2応接室

出席者 : 大洗町長 小谷 隆亮

大洗町教育委員会教育次長兼学校教育課長 高柳 成人

株式会社茨城県民球団 代表取締役 山根 将大

 

■協定の主な内容

(1)スポーツ振興及び健康の増進に関すること。

(2)青少年の健全育成に関すること。

(3)町民交流に関すること。

(4)観光振興に関すること。

(5)相互の魅力づくりに関すること。

(6)その他地域の活性化に関すること。

(7)前各号に掲げる事業の広報に関すること

 

■代表者コメント

<小谷町長>

本協定を締結出来たことに大きな喜びを感じ心より感謝している。大洗町は小さな町でも、野球殿堂入りを果たした、故石井藤吉郎さんをはじめ、プロ野球で活躍した、大久保博元さん、井川慶さんなどの有名な野球人を輩出している町である。近年、野球人口が減少傾向にある中、今後、アストロプラネッツの活躍を見て、子供たちが憧れ、町内の子供たちの野球熱が高まってくれることを期待している。また、皆様と協力をし歩んで行くことで、これから更なる大洗町のスポーツ振興並びに観光振興に繋がっていくことを期待している。

<山根球団代表>

昨年、設立初めての記念すべきキャンプをスタートさせたのが大洗町だった。シーズン開始後も、町や企業様からお声がけをいただき、大洗町内での様々なイベントに積極的に参加し、地域貢献活動を実施してきた。大洗町は、歴史的にも数々の名選手を輩出した、野球が盛んな地であり、当球団にも大洗町出身の選手が所属している。本協定の締結に、ご理解ご協力いただいた大洗町の方々に感謝し、これを機に町内での活動を活発化させ、野球事業を通じて地域貢献していく。

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL