龍ケ崎市とフレンドリータウン協定を締結

龍ケ崎市と茨城アストロプラネッツを運営する株式会社茨城県民球団は、それぞれの資源を有効活用し、相互に連携・協力することにより、スポーツを通じた地域振興をはじめ、青少年の健全な育成、市民の健康増進・豊かな社会生活の実現を目指すことを目的とするフレンドリータウン協定を下記の通り締結いたしましたのでお知らせいたします。

 

■協定締結日
2020年2月19日(水)

■協定の主な内容
(1)球団は市のスポーツを活用した地域活性化やまちづくり、保健・医療・福祉・教育等の地域課題のうち、市の求めに対し、必要な支援・協力を行う。
(2)市は球団の行う公式戦及び社会貢献活動に関し、必要な支援・協力を行う。
(3)市と球団は交流・連携を図るため、必要な情報を共有するよう努める。
(4)その他市と球団が必要と認め合意した事項。

■代表者コメント

<中山市長>
茨城国体をはじめアジア圏で初めて開催されたラグビーワールドカップ、そして2020年オリンピック・パラリンピック東京大会と日本中がスポーツで盛り上がっているこの時期に、茨城県唯一のプロ野球球団「茨城アストロプラネッツ」とスポーツを活用した地域活性化に関する協定書を締結できたことは「スポーツ健幸日本一」を重点目標に掲げる本市にとって、大変意義のあることだと考えております。龍ケ崎市はもともと野球人気の高い地域であり、多くの市民が茨城アストロプラネッツのBCリーグでの活躍を期待しているところであります。本市としても、今回の協定書締結を踏まえ、茨城アストロプラネッツによるBCリーグ公式戦の開催や地域貢献活動に大きな期待をしているとともに、お互いの魅力を高められるよう連携を強化して参りたいと考えております。

<山根球団代表>
これまで、龍ケ崎市内での活動は、「たつのこスタジアム」での公式戦開催のほか、市内の少年野球チームとの交流などを行ってまいりました。今後は、より多くの市民の方々に対して地域貢献活動ができるよう、今回の協定を機に龍ケ崎市と協力し、市内での活動を活発化させていきます。

 

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL