つくば市表敬訪問

2019年11月8日

茨城アストロプラネッツは、山根将大球団代表、坂克彦監督が

つくば市役所へ表敬訪問し、2019年のシーズン報告を行いました。

 

 

【出席者】

つくば市長 五十嵐立青

つくば市体育協会 会長 萩原武久

茨城アストロプラネッツ 代表取締役 山根将大

茨城アストロプラネッツ 監督 坂克彦

 

【コメント】

<五十嵐市長>

今シーズンの成績は少し残念な結果でしたが、負けていても応援されるような愛されるチームを目指し、

来シーズンも頑張ってください。

 

<萩原体育協会会長>

野球のプレーや立ち振る舞いなど、プロ野球選手として子供達のお手本になるような存在になってください。

 

<山根球団代表>

今シーズンは、最終戦でつくば市の「さくら運動公園野球場」を使用させていただき、ありがとうございました。
来シーズンは、つくば市内での試合数を増やして、つくば市民の方々へ多方面で貢献できる球団を目指します。

 

<坂監督>

今シーズンは厳しい戦いになりましたが、来季はもっと上を目指して頑張ります。

 

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL