軟式M球

ブログ担当寺門です。

9月に入り、新軟式野球ボール「M球」の販売が開始されました。

現行のA球に代わり一般は2018年から、中学軟式野球では2019年からの使用となる新規格のM球
(2019年からってアストロプラネッツと一緒ですね)
そんなM球を実際に買ってみました

ミリオンスポーツ様ありがとうございました。

触ってみての印象
いろんな方仰るのと同じように現行のA球よりボールが手に吸いつくように感じました
縫い目の変更の影響という方もいますが、自分はディンプル周りの縫い目以外の部分がざらざらの質感になった影響が大きいのではないかと思っています。
現行A球で自分が感じていた「縫い目に指を載せてもなんだかちょっと抜けそうな感じ」はなくなっています。
現行A球ではちょっと土がつくとよりつるつるしていた気がするので…。
また、そのザラザラとハート形のディンプルもあって回転した際の空気抵抗も大きくなったのではと思います。

M球で軽く壁当てをしてみたのですが、現行のA球でちょっと力を入れるとすぐ弾みすぎてしまっていたのが、M球ではちょうどいいところに弾んでくるので壁当てもしやすくなったように思います。
噂通りこれまでよりも弾まないボールとなっているようです。

ほかにもキャッチボールやノック、試合等でも使ってみたいですね
使ってみたらまた感想書いてみたいと思います。

最後に
自宅を色々漁ってみたら現行よりも古いA球も出てきましたので一緒に写真を載せておきたいと思います。

左からおそらく…表面がつるつるなので2代目と、ディンプルが楕円なので5代目かな?

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL